化粧品について

化粧品(けしょうひん、cosmetics)とは、

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」

いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品などです。

日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、薬事法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されますが、諸外国では医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがあります。


取り扱おうとする化粧品の成分や効能効果から、薬事法に言う「化粧品」に該当するのかどうか、配合禁止成分の使用や配合限度量を越えた配合がされていないかなどを、製造販売業者が自己の責任において確認しなければなりません。

化粧品として製造販売を始めた後に、実は配合禁止成分が配合されていたことが分かった場合は、全商品の回収ということになります。さらに、薬事法違反に問われる可能性があります。

事前に、取扱品目が化粧品基準に適合していることを確認する必要があります。


最初に戻る